40代になると、体の色々な部分にガタが来るようになってきてしまいます。

20代や30代の時のような感覚でいると、体や心などあらゆる場所にガタが来てしまっていることに気が付き、無理ができない状態になってしまっていることがわかるようになります。

40代は女性ホルモンが減少するなど、体に色々な変化が現れる頃なので仕方ないと思うしかありません。

人生の半分は生きて、折り返し地点に達しているわけですから、当然と言ったら当然なのかもしれません。

自分が40代であるということを認められずに、若い頃のままでいる人も私も含めて多くいるかと思いますが、体は正直にできています。

たとえば、徹夜なんてもうできませんよね。

体力がついていかなくなってしまうと思います。

ちょっとしたことですぐに風邪を引いてしまったりして、免疫力が落ちてしまっていることも自覚できるようになる頃だと思います。

体がそのように衰え始めている時期なのですから、同じようにお肌にもガタが来る頃だと言えることができます。

若い頃と同じようなスキンケアではとてもでないですが、間に合いません。

スキンケア

若い頃と同じスキンケアでは、お肌をしっかりケアすることは不可能でしょう。

先程にもあったように、40代は、女性ホルモンが減少することから、細胞の水分量や真皮のコラーゲンも減少していく時期でもあります。

コラーゲンが減少していくというわけですから、若い頃に何もしなくてもプルプルお肌でいることができた方も、40代になったら同じようにしていては、プルプルお肌でいることは難しくなってしまうことでしょう。

コラーゲンはお肌に弾力を与えるため、ハリのあるお肌でいることができる大事な成分です。

お肌にハリや弾力があれば、しわやたるみといった老化を防ぐことができます。

そのため、40代のスキンケアとして、コラーゲンを摂取できるようなスキンケアを取りいれていくように意識していくことをおすすめします。

細胞に多くの水分とコラーゲンを蓄えることで、プルプルお肌を手に入れることができ、しわやたるみを遅らせることができます。

セラミドやヒアルロン酸が配合されているようなスキンケア所品を使って、みずみずしいお肌を手に入れていきましょう。