20代の頃は、仕事で疲れていてメイク落としをしないでそのまま寝てしまっていても、そんなに支障がなかったような気がします。

でも30代に入るとさすがにメイク落としぐらいはしないとマズイようになり、それでもスキンケアは適当でも何とかなったものです。

30代後半ぐらいからスキンケアに力を入れないと、お肌にもろに影響が出るのを感じるようになった方も多いのではないでしょうか。

年齢とともに、顔に性格やケアなどが現れるといわれています。

同じ歳の人でも、スキンケアをしっかりしているかどうかで、ずいぶんと見た目が変わってきてしまうものです。

40代となったら、ますますそれがはっきり顔に出るようになってしまいます。

スキンケアを1回でも怠ったら、すぐに顔に現れてしまうことでしょう。

年齢が顔に現れるものとして、ほうれい線や口まわりのしわがまず挙げられると思います。

ほうれい線

ほうれい線が濃いと、年齢より老けて見られてしまうと思います。

また、口元のしわもあればあるほど、年齢より老けて見られてしまうのではないでしょうか。

ほうれい線や口元のしわの対策として、顔の筋肉、表情筋を鍛える必要があります。

どうしても引力にはかなわないので、何もケアしないと、ほうれい線や口元のしわは見事に顔に出てしまうと思われます。

また、毎日、スキンケアをする時に、ほうれい線や口元のしわの部分を意識して、その部分に効果のある美容液などを入念に塗るということも必要となってきます。

とにかく、ほうれい線や口元のしわを少しでも薄くすること。

これをするだけで、ずいぶん違った印象になることでしょう。

年齢の割に若く見られる人は、やはりほうれい線や口元のしわといったものがなかったり、うすかったりしていると思います。

また、美顔器を使って、ほうれい線や口元のしわに集中ケアをするというのも必要になってくると思います。

最近では、コロコロなど美顔器がたくさん販売されていますので、家事の合間やテレビを観ながらなど、すき間時間を使って、コロコロなどでほうれい線や口元のしわを刺激して、薄くなるようにケアしていきましょう。